個人風俗経営に必要なもの

更新日:7月16日

面倒なことはやりたくないのは共通です。

世の中に溢れる情報の中で、自分に一番合っているものを見つけるのも大変です!

情報の中には劣化したものや、偽りの物もありますので、気をつけてください。

個人風俗経営に必要なもの!

公安の届出

風俗許諾物件

HP(集客、広告)

売り上げ目標

先ず

1番はご自身で出す事もできますし、行政書士に頼むこともできます。

費用に余裕があり1日も早くオープンしたい人は行政書士へ

副業でのんびりという人はご自身で提出してください。

各地域で公安のカラーが違いますので、情報収集してください。

2番目

これがないと話になりません!

SNSなどでお客さんがいるから、届出を出さない人たちの大きな理由の一つが、風俗店の許諾物件です。

現法では派遣型風俗店の届出に物件が必要です。

法人や人を雇うなど待機の必要がなくても物件が必要です。(一坪物件でも)

内見できない物件などもありますので十分お気をつけてください。

公安に届出を出す時に必要になります!

広告を出す時には届出番号が必要になります。

集客にどんなプラットホームを使うのか?

多くに人に見てもらう為に様々な手段を使います。

4にも繋がりますがどんな客層をターゲットにするか?

月に一度なのか?半年に一度なのか?

単価を上げる為に何が必要なのか?

お客さんの総集は何人になれば良いのか?何人が広告を見てくれているのか?よく考えてみてください。

最後に4

月10万円、20万円、50万円、100万円

ここまでは個人の売上金額の目安になると思います。

何も経費を掛けずに10万円と言っても、不動産やサーバー代などの

最低限の経費はかかるので、最低20万〜30万を稼ぐために

労働日数✖️客単価=売上になります。

単純に2万円のお客さんが10人で20万円ですが

毎月コンスタントに10人のお客さんに来てもらうのは

独立してすぐの人にはなかなか難しいと思います。

逆に最初は調子が良いのに段々売上が下がる人もいます。

継続していくことが一番大変ですので

きちんとバカンスも取るようにしましょう!

独立は一人で全てを熟す事だと思いがちですが

一人の考え方には限界があり、大したアイデアも出てこなくなります。

一人で悩まず誰かに聞く事はとても大切だと思います!

しかし

一つだけ聞いてはいけない人がいます。

それはお客さんです。

お客様は神様ではありません。

客の都合でいい事しか言いません!




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示